事務局
北海道大学医学部
形成外科学教室内
〒060-8638
札幌市北区北15条西7丁目
TEL:011-706-6978
FAX:011-706-7827
E-mail:
jscmfs2018@prs-hokudai.jp
運営事務局
株式会社コングレ北海道支社内
〒060-0005
札幌市中央区北5条西5丁目2-12
住友生命札幌ビル
TEL:011-233-0005
FAX:011-233-0035
E-mail:
jscmfs36@congre.co.jp
学会事務局
一般社団法人
日本頭蓋顎顔面外科学会事務局
〒169-0072
東京都新宿区大久保2丁目4-12
新宿ラムダックスビル
(株)春恒社 学会事業部内
TEL:03-5291-6231
FAX:03-5291-2176
E-mail:
tougai@shunkosha.com

北海道大学 Cranio-Maxillo-Facial Surgery

ご挨拶

形態、機能、そして 美
第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会
会長 山本 有平
(北海道大学 形成外科 教授)
会長 山本 有平

軟部組織の再建外科を中心とした形成外科領域の中に、新たに硬組織の再建外科という領域を目指して、本学会は誕生しました。その後、幾多の年月を経て、ここ数年さらなる大きな変革の波が寄せております。このような時期に、本学会の理事長である私が、併せて学術集会を主催させて頂くことを、教室員共々、非常なる重責であると感じながらも、かつ誠に光栄なことと存じております。この機会を与えて下さいました本学会の役員、代議員ならびに会員の皆様に対し、心から厚く御礼申し上げます。

身体の臓器別の診療科ではない形成外科にとって、本学会は、人体の部位名を冠している唯一の学会であり、一般市民や研修医への形成外科学の理解や啓蒙に極めて大きな役割、そして責任を有しております。本学会の理念は、「顔面とその近接する頭部や頚部などの領域における幅広い疾患に対する集学的な外科治療の進歩及び発展に努める」ことであり、具体的には、

  • 頭蓋顔面の骨格性変形を治療する頭蓋顔面外科
  • 顎を中心とした骨格性変形を治療する顎顔面外科
  • 頭頚部癌の再建治療を行う頭頚部再建外科
  • 唇顎口蓋裂・小耳症等の顔面先天性発育不全の治療
  • 顔面骨骨折の整復
  • 外傷及び腫瘍切除後の顔面組織の再建
  • 顔面神経麻痺や眼瞼下垂等の顔面先・後天性疾患の治療
  • 顔面及び頭頚部の整容・美容外科

等が挙げられ、上記項目に関連した多くの特別プログラムを検討しております。

本学術集会では、「形態、機能、そして 美」をメインテーマといたしました。人間の臓器、身体の部位において、いろいろな形、形態があり、さまざまな働き、機能があり、そして美しさ、美が求められる、それは、顔、顔面、そう頭盖顎顔面領域です。そんな思いを込めた学会テーマです。学術集会における広報活動の主役には、イタリアのパルマ国立美術館にお願いし、Leonardo da Vinciの名画“ほつれ髪の女”にご登場頂きました。その格調の高さは、早くも大きな反響を得ております。

本学会は、日本創傷外科学会や日本美容外科学会と並び、1000名を超える正会員数の9割以上を形成外科医が占めております。本学会のさらなる活性化、そして全国の形成外科医から大いなる注目を浴びるような、勢いのある先進的な学会になるため、本学術集会がその一助になることができましたら、望外なる喜びに存じます。

これまで、大浦武彦初代教授が第11回学術集会を、杉原平樹2代教授が第16回学術集会を主催されており、北海道大学医学部形成外科同門会員にとりまして、とても思い入れの深い学会であります。清涼なる10月、趣きある北の大地を、学会とともに皆様にお楽しみ頂けますよう最善を尽くしたく存じます。
深まる秋の札幌で皆様を心よりお待ち申し上げます。